このブロックは画面サイズに応じてボタンの位置、大きさが変化する特殊なブロックです。PCサイズでは上部固定、タブレット、スマートフォンではヘッダー部分が上部固定され、ボタン部分が画面最下部に固定されます。編集画面は実際の表示と異なります。プレビュー画面もしくは実際の公開ページでご確認ください。編集についてはヘルプ記事の「フローティングヘッダーブロックの編集」もご覧ください。
お問合せ: 土木学会研究事業課
受付時間:平日10:00〜17:00
土木学会 景観・デザイン委員会
令和2年シンポジウム


テーマ

災害と景観・デザイン 
〜東日本大震災から10年.そして頻発する災害〜


シンポジウム資料のダウンロード

シンポジウム
Symposium

2020年度のシンポジウムは終了しました。
東日本大震災から10年を迎えようとしている。その後も多くの地震、水害などにより、多大な被害が発生している。そうした復興や災害復旧の中で、優れた環境や景観が生み出される一方で、復興災害とも言えるような風景も出現してしまっている。こうした災害の時代における景観・デザインはどうあるべきなのか?
具体のデザイン論から風土論、さらには日本において人と自然はどのように関わっていくべきなのか、今一度、議論を深めたい。
日時 2020年12月4日(金) 18:30~21:00(終了)
会場 ZOOMによるオンライン開催
主催 公益社団法人土木学会 景観・デザイン委員会
プログラム ■開会 18:30
■対談「島谷幸宏×中井祐」聞き手:中村晋一郎
川づくりの第一人者九州大学島谷幸宏氏と東日本大震災復興まちづくりの最前線で奔走してきた東京大学中井祐氏、災害と深く向き合ってきた土木景観を代表するお二方に、地球環境からデザインまで幅広く活躍する気鋭の中村晋一郎氏を聞き手として、お話しを伺います。
■総合討論(コーディネーター:中村晋一郎)
総合討論をweb上で実施する方法を検討中ですが参加者の皆様からのご意見・ご質問を登壇者の方に投げつつさらに議論を深めたいと思います。
■閉会 21:00
参加費 参加費:無料(事前申し込みが必要です)
申込方法 下記の土木学会ウェブサイト 本部主催行事の参加申込ページから事前にお申し込みください
土木学会ウェブサイト 行事の参加申込ページ
行事コード:562003
CPD 認定番号:JSCE20-0832
単位数 :2.4
本シンポジウムは土木学会継続教育CPDプログラムですが、オンラインでの開催であり受講証明書を発行するにあたり通常の実地でのシンポジウムと異なる手続きが必要です。
受講証明書をご希望される方は、シンポジウム終了後下記Googleフォームより取得の申請をお願いいたします。
https://forms.gle/tzegK7nFCSgbNFna7
・受講証明書を発行するにあたって、「受講証明発行用アンケート(受講して得られた学びや気付きや所見を100文字以上で記載していただく等)」をご提出していただくことが必要です。
・建設系CPD協議会加盟団体CPDシステム利⽤者は、各団体のルールに沿って、CPD単位の申請をお願い致します。
・他団体へCPD単位を登録する場合は、その団体の登録のルールに則って行われます。単位が認定されるかどうかは、直接その団体にお問合せください。
お問合せ先 土木学会研究事業課 小澤一輝 職員
E-mail: k-ozawa@jsce.or.jp
Tel: 03-3355-3559/Fax: 03-5379-0125
主催 公益社団法人土木学会 景観・デザイン委員会
主催 公益社団法人土木学会 景観・デザイン委員会

会場:オンライン開催


第16回 景観・デザイン研究発表会
Conference for Architecture of Infrastructure and Environment

日程:2020年12月4日[金]シンポジウム(終了)
  2020年12月5日[土]-6日[日]発表会(終了)
会場:オンライン開催